ビックマネーが欲しいならマンションの一棟買いをしよう

レディ

大家の仕事を減らします

サブリースは、アパートを丸ごと不動産業者に貸し出すシステムです。大家は住人の管理から解放されるので、他に仕事をしている人やたくさんのアパートを持っている人に便利です。信頼できる不動産業者を選ぶことが大切だと言えるでしょう。

つみ木とお金

相場観をつかむ癖が大事

家賃相場は不動産投資を行う上で極めて重要な要素です。適正な価格を把握しておかなければ空室になるリスクを高めるだけになってしまうのです。インターネットなどで情報を集めつつ、コストも含めたトータルコストを計算することが大事になります。

アパート

不動産投資の長所です

資産運用においてローンを利用できる投資手法は不動産投資しかありません。投資用マンションや1棟アパート等を購入する際に、できるだけ長い期間でローンを組むことができれば、ローンリスクを抑えながら不動産投資ができます。

将来的な需要を考慮

マンション

ローン期間を参考にする

マンションを一棟買いするときには不動産投資ローンなどを利用するのが一般的ですが、毎月の支払いが大きくなりやすいことから少なくとも返済が終わるまでは経営を安定させなければなりません。その点を念頭に置いたマンション選びが一棟買いによる不動産投資を行おうと決断したときの重要なポイントでしょう。通常は想定利回りの通りに収入と支出の関係が維持されていればマンションの一棟買いをして失敗することはありません。しかし、現在に想定した収入や支出が将来的にも同じであると考えるのは浅はかであり、将来的にも同じ状況が続くかどうかはよく吟味しましょう。特に気をつけておきたいのは将来的なマンションの需要の変化であり、大学がなくなってしまってワンルームマンションの需要が激減してしまうなどのリスクがある地域ではないかを考慮して一棟買いをすることが重要です。基本的な将来に向ける視野として考えておくと良いのがローンの返済が終わるまでの期間であり、それまでは確実に需要があるという確信を持てるマンションを選んで一棟買いをすると失敗することはないでしょう。この観点から重要なのは情報収集であり、購入する候補になったマンションの顧客層を考えて、その需要が将来的にも維持されるかどうかを調べるのが確実です。人口の変化や自治体による街作りなどを考慮してみるとおよその将来性を見積もることができます。これを行った上で一棟買いをすれば計画が大きく破綻することはないでしょう。